トップページ > 薬学部生の就職先

調剤薬局やドラッグストア

薬学部生に人気の就職先に、都市部の大病院があります。大病院では、経営が健全なところが多く、一旦、就職すると転勤もありません。そのため、安定志向の薬学部生に好まれています。去年は、大学の薬学部が6年制になって始めての卒業生だったために、病院への就職を希望する人は、希望どおりの就職ができていました。

しかし、去年の採用で、病院での薬剤師の定員は、ある程度は埋まってしまっている状況となりました。そのため、今年の薬学部生からは、病院への就職は去年ほどは簡単ではなくなっています。去年は病院への薬学部生の就職が多かった分、今年からは、調剤薬局やドラッグストアー業界が採用を増やす計画があります。大手の調剤薬局チェーンでは、新規出店を積極化しているために、今年こそは薬剤師の人材を確保する必要が出ています。大手の調薬局チェーンは、中小の調剤薬局をM&Aしながら成長している環境があります。

将来、調剤薬局業界は、大手の数社による寡占化が進む可能性が高いです。そのため、今、大手の調剤薬局チェーンに就職すると、今後の成長機会が得られると思います。

医学生の就職先とは?

医学部生の就職先
看護学科生の就職先
歯学部生の就職先

医学生の就職先を探す

医学生の就職先選びの注意点
医学生の就職先の探し方