トップページ > 医学生の就職先選びの注意点

知り合いがいる

医学生の就職先選びの注意点はいくつかあります。まず、先祖代々、家系が医者というところに生まれた人は気をつけた方がいいと言えます。

と言うのも、親と比較されてしまいやすいからです。先祖たちを一人でも知っている人がいる職場には就かないようにした方が無難です。比較されることがプレッシャーとなり、挫折してしまう人もいます。逆に、先祖たちのコネを利用して就職先を決めるという方法もあります。あまり先祖たちと比較されることを気にしないという人であれば、両親や親戚などのツテから就職先を決めてしまった方が楽です。その代わり、何かトラブルを起こしてしまった時には紹介してくれた両親や親戚たちの顔に泥を塗ってしまうことになるため、この点は注意が必要です。

自分の立場を常にわきまえながら仕事をすることになります。それから、高収入という謳い文句の就職先もありますが、これも注意が必要です。内容をきちんと把握してから選択すべきです。

病院だけではない

医学部で六年間勉強し、更に研修医としても働けば、ほとんどの人は自分は医者になるしかないと思い込んでしまうと思います。しかし、医学生の就職先は病院だけではないのです。医師国家試験に合格した人ですら、医学と直接関係のない分野を就職先に選ぶ人もいます。

例えば、私の知人には、医学部を出て予備校の講師になった人がいます。こういう話を聞くとあまり良い印象を持たない人もいると思いますが、彼は自分にふさわしい道を選んだのです。医学部で学んだことが全く無駄になることはなく、彼の良さを活かしながらその就職先で今も活き活きと働いています。

また、医学部を出て医師国家試験に合格して、その後講演家になった知人もいます。彼の場合は、医学の知識をもっと広い視野に立って活かしたいという思いからこの職業を選んだのです。

とにかく医学部を出たからと言って、医者にならなければならないと思い込まないで欲しいのです。医学的知識を活かせる場は想像を遥かに超えて広がっています。

推薦状

人間社会においては就職が生計を立てたり自己実現を図ったりする上でもっとも大切な手段でして、医学生でもそれは例外ではないです。できる限り長く勤め続けたいという考えもあれば、実力次第でキャリアアップしていくことが重要だという考えもあるので、医学生には多様な就職先が国内外に待っています。

医学生は大学の医学部を卒業してから医師国家試験に合格して進路を決めていきますから、就職先を選ぶ時には賛意を求めておくところが必然的にあります。それは、医学部の指導教授であり、指導教授から賛意とともに推薦状を受け取っておくことができれば、自分が望む医療機関への就職が可能になる確率は非常に高いのです。指導教授としては、自分の教え子を知己のある医療機関に紹介することで、もし後に教え子が業績を上げたときには指導教授の名誉にもなるから推薦状を書いて紹介するといわれます。

医師としてのキャリアを積んでいく第一歩が就職ですから、賛意を求めておくべきところではありがたく求めさせてもらって紹介を取り付けるのがよいのです。

医学生の就職先とは?

医学部生の就職先
看護学科生の就職先
薬学部生の就職先
歯学部生の就職先

医学生の就職先を探す

医学生の就職先の探し方