トップページ > 医学生の就職先の探し方

学校に来る求人情報

医学生の就職先の探し方は簡単です。学校に求人情報が入ってくるはずなので、そちらか希望条件に合うところを見つけ出していけばいいからです。しかし、誰もが同じような希望条件を出し合っていれば、どうしても希望する就職先がかぶってしまうことがあります。そうなってしまうと、落ちぶれてしまう人が出てくるはずです。そうならないようにするためには、個人的にも就職先を探しておいた方がいいと言えます。

例えば、知人のコネを利用するのです。両親や親戚などのツテを辿って、就職先を探すこともできるはずです。医学生はたいてい医者になる人が多いため、医者が不足している個人病院やクリニックなどがあれば、そこで面倒を見てもらうことができる場合もあります。

シフト制勤務で最初はアルバイト形式での採用になることもありますが、就職先が見つからないよりはマシと言えるはずです。それから、インターネットで医療関係の求人サイトを徹底的に見ていくという方法もあります。

研修

医学部を卒業して医師国家試験合格後は研修医となります。そのため医学生の就職は、正確には研修という事になります。ということは、研修先の病院を探さなくてはなりません。

ただし、医学生の就職先の病院は自分で全て決めることできるわけではなく、アルゴリズムによって決められます。自分が行きたい研修病院にエントリーして、病院側も欲しい人材をコンピューターに登録します。そして、マッチングされて研修病院が選ばれます。

ただし、研修病院にエントリーするには採用試験を受けなくてはなりません。一口に病院といっても色んな病院がありますので、自分に合った研修病院を探すのなら、まずは研修病院の情報収集から初めてみなくてはいけないでしょう。そして、見学や実習に出向くことです。また、見学や実習に行くことで、やる気を示すことにもなるので採用には有利に働くと言われています。医学生の就職先探しは普通の探し方とは異なりますので、きちんと計画性を持って行います。

医学生の就職先とは?

医学部生の就職先
看護学科生の就職先
薬学部生の就職先
歯学部生の就職先

医学生の就職先を探す

医学生の就職先選びの注意点